防衛政策を真剣に考える時期に来たのでは

0
     2016年に行われる参議院選挙をW選挙(衆議院を解散
    して衆議院議員選挙も一緒に行う)にするのでは、という
    憶測が飛び交っています。

    来年秋の自民党総裁選挙を見据えた安倍首相の戦略で、
    目的は憲法改正とそれに伴うアメリカに頼りっきりの防衛
    政策を見直し、中国、北朝鮮からの軍事力を背景にした
    侵略政策の抑制のようです。

    まさに「戦争の出来る国」を目指さなければ日本の安全は
    担保出来ない、という政策です。

    フィリピンに在ったクラーク米国空軍基地がフィリピンの
    国民投票で撤去されました。それ以降、南シナ海に中国
    戦艦が出没しフィリピンの領海を侵犯しフィリピン海軍の
    艦艇に体当たりを繰り返していました。

    その事などを見ていると「非武装中立」などという政策が
    どれほど観念的で現況を見ていない無責任な政策なの
    かは明らかです。

    「自分の家は自分で守るのだから、自分の国は自分で
    守る」というのはごく普通な考えだと思いますが、それぞれ
    の家で銃を構えている国の治安が悪いのも現実です。

    今後も世界の警察としてのアメリカについて行くのか、独自
    の防衛政策に舵を切るのか、2016年にもしW選挙を行う
    ならば何のための国民の意思の再確認の選挙なのか、争点は
    明確にすべきです。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:34 最後に更新した日:2016/01/09

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM