定数削減と重複立候補について

0
    議員定数削減について比例選80名、選挙区選5名の削減案が浮上しました。衆議院選挙で
    現在のような重複立候補を認めての80議席削減は抜本改革にはなりません。

    従前から何度も書かせていただいたように生活のすべてを選挙活動を費やさなくても国会議員に
    なれるたった一つの手段が衆議院の純粋比例です。いわば日常現場に居る本当のプロ、専門家を
    国政壇上に立たせる手段がこれなのです。

    重複立候補を禁止して、80議席を削減しても残りの100議席は普段日常に関わっている人が
    代議士になれるシステムにするべきです。その代り純粋比例候補として当選した議員の任期は
    2期もしくは10年以内、歳費は裁判員と同程度などとすれば良いのではと思います。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:34 最後に更新した日:2016/01/09

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM